これで怖くない!自宅でできる腰痛の対策!

「ヤツ」は突然やってくる

重いものを持ち上げようとした瞬間、急に腰が痛くなることってありますよね。国民病といわれるほど腰痛には多くの人が悩まされています。無理な運動をした覚えがないのに急に痛くなったという経験をされた方も多いのではないでしょうか。しかもこの腰痛、85パーセントほどは原因が不明であり、整形外科に行っても異常がなければ湿布をもらって終わりということも多いです。実はこの腰痛、簡単な運動で改善する可能性があるんです。

そもそも腰痛ってなんで起こるの?

腰痛が起こる原因は様々です。まず腰回りの筋肉に負荷がかかって痛くなる腰痛。例えば長時間椅子に座っていると体幹に負荷がかかって痛くなります。次に内臓が原因で腰が痛くなるもの。そして最後にヘルニアなど、関節の異常によって神経痛が発生するケースがあります。内臓由来の場合は内科に行って検査をしてもらうことが大事です。また関節の異常による腰痛も、整形外科でレントゲンやMRI検査を撮ってもらい、専門の理学療法士によるリハビリや手術を検討することも必要になります。ただ、ヘルニアや脊柱管狭窄症といった疾患が原因の腰痛は全体の10パーセントほどで、ほとんどは筋肉疲労が原因のものと言われています。

筋肉疲労が原因の腰痛に大事なのはストレッチ

筋肉が凝って腰が痛い場合はまずストレッチをしましょう。特に、腰が痛くなる人は太ももの裏側やふくらはぎが硬くなっているケースが多いです。なのでまず前屈のストレッチをして、太もも裏のハムストリングやおしりの筋肉をしっかり伸ばしてください。だんだん柔らかくなっていくにしたがって腰痛が和らいでいくのがわかります。簡単にできる運動なので、腰痛で悩んでるけど病院では異常がないといわれた人はぜひ試してみてください。

腰痛の名古屋は医療関係者からの推薦があるので様々なメディアでも取り上げられています。話題性もあるので注目を集めています。